パルプ・製紙プラント

パルプ・製紙産業では、信頼性が一番のキーファクターです。突発的な不具合による製紙機械のダウンは、生産性を低下させて、ダウンタイムが長引けば、大きな損失となります。機械の故障をいかに回避するかが非常に重要です。製紙ラインにおいて、紙を送りだすシステムには、各ローラーの高い速度制御性が要求されます。つまり、堅牢且つ精度の高いエンコーダは、このようなシステムで重要な役割を果たします。生産をしながら設備の保守点検が行われるような現場においては、エンコーダ自体の状態を監視する自己診断機能が、システムの予防保全に貢献します。突発的な不具合を回避し、計画的なメンテナンスを行うことで、生産ラインの効率化、ダウンタイムの削減などが可能となります。

最適な製品

以下は、製紙プラント市場において弊社が推奨する製品例です。貴社の用途に最適なソリューションについては、当社までお問い合わせください

ADS Uptime™

ADS Uptime™ 搭載エンコーダでは、取付状態やモータ制御に、最も関連性の高いデータを監視できます。

安全な動作

FSI 900 – プログラム式安全リミットを備えたSIL認定エンコーダソリューション。

駆動装置の安全性

FSI 800エンコーダ – SIL認定のヘビーデューティーなインクリメンタルエンコーダ。

900 PREMIUM

  • アブソリュート, デュアル出力
  • ソリッドシャフト, 中空軸
  • 外径 100 mm

800 HEAVY DUTY

  • インクリメンタル, デュアル出力
  • ソリッドシャフト, 中空軸
  • 外径 100 mm

500 ROBUST

  • インクリメンタル, アブソリュート, デュアル出力
  • ソリッドシャフト, 中空軸
  • 外径 58 mm