4000 Linear

迅速な位置フィードバックを提供する頑丈なリニアエンコーダ

Leine Lindeのリニアエンコーダは、最も過酷な工業環境にフィットし、製鋼工場やその他の金属加工業界で非常に高く評価されています。長さの測定とロールギャップ制御は、衝撃や高温、振動に強いインダクティブスキャニング方式から得た高解像度で超高速かつ正確な絶対的位置の数値により簡単になり、かつ信頼性が高なります。

Linear 4000シリーズには、アブソリュートエンコーダモデルとインクリメンタルエンコーダーモデルの両方が存在します。また、エンコーダの接続は、ゲートウェイを開して行われ、より多くのフィールドバスインターフェースにアクセスできます。つまり、ハードウェアを変更することなく、オートメーションシステムとパートナーを自由に選ぶことができるのです。リニアエンコーダは、Siemens、Beckhoff、 Rockwell、B&Rなどのシステムと直接使用できます。ゲートウェイを使用する場合、フィールドバス回路は生産ユニットのシステム変更の回数に関わらず維持されます。これにより、生産ラインの柔軟性と安定性の両面が向上します。

技術データ 
スケール長 最大 260 mm
インターフェース EnDat 2.2/SSI(アブソリュート)*, 1 Vpp (インクリメンタル)*

*) Fieldbus interfaces communication available via gateway.

RLA 4200

リニアエンコーダ モデルRLA 4200は、コスト効率が良く簡単に取り付けできます。

RLI 4300

ステンレススチール製RLI 4300エンコーダ(1.4104)は、高精度のリニア測定システムの必要性...